menu

求職者の対応って・・・

株式会社採用戦略研究所の代表取締役社長、郷戸理永(ごうど まさなが)と申します。
弊社は人材採用が苦手な企業様の採用支援を行っております。
2022年4月より新たなサービスを開始しております。

詳細はこちら(https://rs-lab.jp/cloud/


最近、弊社ではダイレクトリクルーティングを利用した採用支援に力を入れていますが、求職者の対応が通常の媒体募集と少し違うので、苦戦されている企業さんが多いように感じます。

媒体募集の場合は、転職意欲が高く通常の応募者対応(履歴書選考→面接)でいのですが、ダイレクトリクルーティングの場合は、転職の顕在層ではなく「良い企業があれば転職を考える」という潜在層が多いので「口説く」という作業が発生します。
「カジュアル面談」という工程が発生するので会社の魅力を伝える作業が発生します。

この作業が出来れば会社の代表または役員さん、または部門の長がされる事が必要です。

「いかに会社に興味を持ってもらい応募に繋げるか」が大事になりますので、その点の準備が必要ですね。

久しぶりに悩む

経営者と人事の認識の違い

関連記事

  1. 2021

    急激な景気減退を受け、来年4月新卒の内定取り消しが相次いでいますが、弊社顧客…

  2. やっぱり人手不足感あるよね

    リクルートワークスから令和4年新卒の求人倍率出ましたね。1.5倍。うん、ここ…

  3. 製造業から問い合わせが多い

    9月に入ってから機電系・組込エンジニアの採用支援依頼が多くなっています。コロ…

  4. 競合企業でも仲良く

    競合企業が増えることは、WEBマーケティングを使った採用を様々な企業さんが知…

  5. どこを攻めるのか

    誰でもいいから優秀な人が採用したい。だいたいこの考え方だと採用は出来ない。営…

  6. 定例MTG

    ご支援先の中堅物流会社さんと、今回は管理職の採用支援のミーティング。1名30…

  7. 経営者と人事の認識の違い

    株式会社採用戦略研究所の代表取締役社長、郷戸理永(ごうど まさなが)と申し…

  8. 採用は情報戦

    採用において、なぜ個人情報が有益なのか。それは、人材派遣紹介会社の募集ノウハ…

PAGE TOP